匠建設株式会社のSDGsへの取り組み

当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、安心安全な社会生活基盤の整備を担う建設業者として、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。

1.SDGsとは?

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustaniable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国連目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球および繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

2.当社の取り組み内容

災害に強い地域づくりへの取り組み


地球が活動期に入り様々な地震・風水害が想定されている状況において、災害に強い土木・建築工事を実現することで平塚市と神奈川県の強靭性を高めることができます。また、災害発生時には迅速な対応を行うことで、早期復興に貢献できます。

主な取り組み

  • SE工法の推進、BCPコンサルティング実施
  • 公共工事を中心としたインフラ基盤整備→耐震工事、災害協定締結
  • 災害時に頼りにされる復興支援サービス(NTT通信施設の早期復旧工事、災害復興工事)

環境保全への取り組み


インフラや建物の工事は、環境・健康との関わりが深いため、地域の環境課題や住民の健康課題を、建設業の仕事を通じて解決できると考え取り組むこととします。

主な取り組み

  • 産業廃棄物分別強化によるリサイクル率向上と端材の活用
  • デジタル活用によるペーパーレス化推進
  • シックハウス測定をすべての建物にて実施

健康に働ける職場づくりへの取り組み


生産的な雇用及び働きがいのある仕事・職場づくりを促進し、雇用の安定と持続的な成長を図ります。

主な取り組み

  • デジタル・リモート化→在宅ワーク導入
  • 現場での女性専用トイレ、更衣室設置
  • 社員の健康確保への取り組み→週休2日の実現、ノー残業デー実施
  • 資格取得支援
TOP